他サイト様新着記事


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール華字紙「日本は侵略の歴史を認め誠意見せよ、中韓と現状打破の道探れ」[12/25]【レコチャ】

帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ [] 2013/12/26(木) 01:39:04.58 ID:???
2013年12月23日、シンガポール華字紙・聯合早報は
「日本は侵略の歴史を認めよ、中韓と現状打破の道探れ」とする記事を掲載した。
環球時報(電子版)が伝えた。以下はその概要。

安倍晋三首相の外交上の主張は、保守的な歴史観と強い民族主義に裏打ちされており、
かつて日本の軍国主義に痛めつけられ、深く傷ついた国の人々に、疑念と不安を抱かせている。

日本の安全に対する脅威の一つとして、北朝鮮で
張成沢(チャン・ソンテク)前国防委員会副委員長が処刑されたことは、
軍備強化に向け安倍首相に絶好の理由を与えた。

もちろん日本の国防上最大の懸念は、領土主権を争う中国にある。
尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題で、中国は継続的な巡視活動を続行。
中国政府は東シナ海上の防空識別圏を設定した。

一方、日本国内では平和を求める民意が高まり、安倍首相の軍拡姿勢に反対の声が出ている。

問題は日本政府、特に長期にわたって政権与党だった自民党が、
第二次世界大戦での歴史的苦痛に対する教訓について、国際社会と異なる立場を取ってきたことにある。

アジアに対する侵略戦争を日本が「解放戦争」と主張し、
従軍慰安婦の事実やアジアでの殺りくや暴力を否定し、
歴代の首相らが戦犯を合祀する靖国神社と頻繁に参拝するのでは、誠意を微塵も感じられない。
これではアジアの隣国、ひいては米国にも受け入れられないだろう。(翻訳・編集/AA)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000012-rcdc-cn

<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [] 2013/12/26(木) 01:40:16.77 :fNH8EqVK

なに、泣いているの?w

<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 2013/12/26(木) 01:43:58.63 :KBKoW6Qi
いつも日本に追っ払れてる巡視活動

関連記事

他サイト様新着

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。